入会案内

※会員募集
 患者会(腎友会)とは、同じ病気や症状などの患者体験を持つ人たちが集まり自主的に運営する会です。
 情報を交換したり、悩みを話し合ったり、各市町村に働きかけたり、機関紙「生きる仲間」で情報を提供しています。透析導入されたら腎友会に入りましょう!
 透析患者(移植者)に限らず、ご家族、透析施設のスタッフ、団体・企業の方々の入会をお待ちしています。透析施設の幹事さんか事務局までご連絡下さい。

※入会資格
 札幌市、石狩市、当別町、恵庭市、北広島市、千歳市、新篠津村に住んでいる透析患者又は移植者、保存期の方、透析施設の医師・スタッフ、当会に賛同される個人の方・団体・企業など。

年会費
 会員(透析患者など)・個人会員:6.000円(500円/月)
 機関紙「生きる仲間」への広告のご希望・賛助会員に入会希望の方は事務局へお問い合わせ下さい。

※寄付
 当会ではご寄付を受け付けています。皆様の寄付をお待ちしています。
 
 ○郵便局で振込
  郵便局においてある振込用紙をお使いになり下記の通り記入して下さい。
   口座 : 02730-4-30608  加入者名 : 札幌腎友会

※腎友会の活動で実現した医療制度・福祉制度など
1. 人工腎臓療法(人工透析)が、健康保険・更生医療・育成医療の適用になり、毎月の透析治療にかかる医療費の自己負担が少額で済むようになりました。
2. 小中高生の尿検査が年に1度の義務になりました。
3. 腎移植が更生医療・育成医療の適用になりました。
4. エリスロポエチンが製造承認されました。
5. 血液透析ろ過(HDF)が健康保険の適用になりました。
6. 海外で受けた透析の医療費の一部が還付されるようになりました。
7. 腎臓病患者が有料道路料金やJR・航空運賃などの割引が内部障害者にも対象になりました。
札幌市では福祉乗車証・ガソリン券・タクシー券のうちどれか1つを選べるようになりました。