2021/05/28
新型コロナウイルスに関する注意事項 5月28日
緊急事態宣言 : 5月16日(日)から6月20日(日)

【札幌市医療非常事態宣言】
札幌市内での感染状況、医療機関の提供体制はひっ迫していて【緊急事態宣言】が発出されています。まん延しているこの変異種ウイルスは、マスク着用していても感染する事があります。

5月16日に『緊急事態宣言』が発令され、今月31日までです。政府は6月20日まで沖縄県を除く9都道府県を延長するという方向で調整を進めています。

*札幌市民の皆さんへお願い
●不要不急の外出、札幌市外との往来を自粛してください。
●北海道以外の往来を自粛してください。
●路上、公園における集団での飲酒を控えてください。
●できる限り同居していない方との飲食は控えてください。
●飲食時でも会話の時はマスクを着用する「黙食」を実践してください。

札幌市では、使用病床が満床の状態で、北海道全体でも今月25日での使用病床数が1.028床と、3日連続で1.000床を超え過去最多を更新しています。

現在の札幌は、90%以上が変異株ウイルスに置き換わっています。特にインド型ウイルスは人の細胞にくっ付きやすいといわれ、あらゆる場面で、の感染リスクが高いと危機的な状況にあります。感染者が入院する病院がひっ迫しており、透析患者が感染しても、札幌市内の病院には入院するベッドがなく、市外の留萌市、深川市、小樽市などの離れた街の病院に移送されています。
十分に注意して、手洗いなどの感染対策を取って下さい。

透析患者で発熱(37.0度)や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

*透析患者の感染者数(北海道)
●感染者 : 70名(前週比 : +7名)
●死亡者 : 14名(前週比 : ±0名)

*透析患者の感染者数(全国)
●感染者 : 1.757名(前週比 : +63名)
●死亡者 : 250名(前週比 : +6名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年5月28日(金))
2021/05/14
新型コロナウイルスに関する注意事項 5月14日
緊急事態宣言 : 5月16日(日)〜5月31日(月)

【札幌市医療非常事態宣言】
札幌市における新型コロナウイルス感染症患者の急増によって、入院患者が過去最多となっています。そのため、入院が必要な方であっても市内の医療機関では受入先がなく、市外の医療機関への搬送をお願いするなどの対応を行わざるを得ない状況です。
このままでは、入院ができず自宅等で待機する患者の方々が数多く発生し、入院を待つ間に亡くなる最悪の事態も発生するのではないかと危惧しています。

札幌市内では、市民の皆様の命が危険にさらされており、医療の非常事態と言っていい状況です。札幌市の医療体制は、もう限界です。
医療体制の崩壊を防ぎ、市民の皆様の命を守るため、ここに「札幌市医療非常事態宣言」を発令します。
(北海道庁ホームページより抜粋)

札幌市内での感染状況、医療機関の提供体制は『緊急事態宣言』を出さなければならないレベルです。蔓延しているこの変異種ウイルスは、マスク着用していても感染する事があります。

特に、私たち透析患者は "免疫力が弱い" ので、手指消毒、手洗いなどの予防対策の他、マスクを二重着用するなど、特別の注意をしていかなければなりません。

*重点措置
●医療機関への通院や食料の買い出しなどを除き、不要不急の外出や市外への移動を控える。
●必要な場合でも混雑している場所や時間は避けて行動する。
●午後8時以降、飲食店にはみだりに出入りしない。
●路上や公園での集団での飲酒など、感染リスクが高い行動は控える。
●出勤する人を7割削減することを目標に、事業者にテレワークなどを促す。
●観光施設のライトアップや繁華街の屋外広告は午後8時以降、消灯するよう協力を依頼する。

変異ウイルスは "感染力が強い" ので『2密』『1密』でも、感染すると考え、若い人にも感染しやすいそうです。マスク着用、ソーシャルディスタンス、屋外でのマスク着用していても飲酒を伴う会食は避けた方がいいです。

札幌市内の複数ヶ所の透析施設のクラスターが発生しているようです。病院がひっ迫して透析患者が感染しても、入院する病院のベッドがありません。札幌市外の病院に移送されるとの情報があります。なので、感染しないように十分注意して感染対策をして下さい。

*全腎協より…。
1. 医療機関、透析クリニック、高齢者入居施設などでは、施設の感染症対策ルール(手洗い・消毒、マスクの着用等)を必ず守ってください。また、施設長、施設従事者等の指示に従い、感染症対策に取り組んでください。 
2. 手洗い・消毒等を徹底してください。
a. 食事の前後、間食時等
b. 通院時の行きと帰り、外出後
c.マスクの交換時、鼻をかんだ後やくしゃみをした時
d .正しい手洗い・消毒(全腎協資料、行政からのパンフレット等を参照)
3. 外出時や通院時は、必ずマスクを着用してください。また、鼻も覆うなど正しい着用方法にも気を付けてください。 
4. 飲食店、カラオケ店、人が密集するイベント等は自粛ください。
 
― 全腎協からのお願い ―
病院患者会および会員に注意喚起の徹底をお願いいたします。
会員一人ひとり危機感を持って、感染症対策にお取り組みください。
不要不急の外出は、極力避けてください。特に、長距離移動は必ず主治医にご相談ください。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日朝晩の体温測定と、自分の健康状態に注意してください。
●体温が37度以上の発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、必ず透析施設に電話連絡をし、透析施設のスタッフの指示に従ってください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●受診、買い物以外の外出は控えて下さい。3密(密閉・密集・密接)の場も避けてください。
●外出時や通院時はもちろん、在宅中もマスクを着用し感染しないようにして下さい。

透析患者で発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

*ワクチン情報(札幌市)
75歳以上の方への接種券は、今日現在、もう届いてることと思います。予約開始日は19日(水)、慌てて予約しなくても75歳以上の方には全員接種する事が出来ます。接種開始日が24日(月)です。
かかりつけ医で接種でき、市内の約480の医療機関でファイザー社製のワクチンが接種出来ます。
透析患者は自分の透析施設で接種出来るようです。
詳しくは、札幌市ホームページか、かかりつけ医・各透析施設にて確認して下さい。
(札幌市ホームページより)

*透析患者の感染者数(北海道)
●感染者 : 59名(前週比 : +4名)
●死亡者 : 14名(前週比 : ±0名)

*透析患者の感染者数(全国)
●感染者 : 1.639名(前週比 : +43名)
●死亡者 : 236名(前週比 : +8名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年5月14日(金))
2021/04/25
事務局閉局のお知らせ
新型コロナウイルス感染増加により、透析病院などクラスター発生で感染患者や死亡者出ていることから、4月26日(月)から5月11日(火)まで事務局閉局します。
2021/05/07
新型コロナウイルスに関する注意事項 5月7日
まん延防止等重点措置 : 5月9日(日)〜5月31日(月)
【札幌市医療非常事態宣言】
札幌市内では、新型コロナウイルス専用の病床の9割が埋まるなど "医療のひっ迫が深刻化" し、その要因の1つとなっている『変異ウイルスの感染者』『感染疑い』の患者数も、北海道全体の8割をしめ、1700人を超えています。

非常事態ともいえる "医療のひっ迫状況" を脱するためにも、一刻も早く感染状況を改善させる必要があります。医療の崩壊を防ぐために『札幌市医療非常事態宣言』を発出する事にしました。

変異株ウイルス感染はかなり感染力強く、予防対策も2倍3倍にしないと大変な事になります。特に私たち透析患者は十分に気をつけなければなりません。

*基本行動
●マスク着用、手指消毒などの基本的な感染対策。
●不要不急の外出の自粛をお願いします。
●不要不急の札幌市外との往来の自粛をお願いします。
●飲食の場面等での感染リスクを低減する行動をお願いします。

*注意事項
1. 医療機関、透析クリニック、高齢者入居施設などでは、施設の感染症対策ルール(手洗い・消毒、マスクの着用等)を必ず守ってください。また、施設長、施設従事者等の指示に従い、感染症対策に取り組んでください。 
2. 手洗い・消毒等を徹底してください。
a. 食事の前後、間食時等
b. 通院時の行きと帰り、外出後
c.マスクの交換時、鼻をかんだ後やくしゃみをした時
d .正しい手洗い・消毒(全腎協資料、行政からのパンフレット等を参照)
3. 外出時や通院時は、必ずマスクを着用してください。また、鼻も覆うなど正しい着用方法にも気を付けてください。 
4. 飲食店、カラオケ店、人が密集するイベント等は自粛ください。
 
― 全腎協からのお願いです ―
病院患者会および会員に注意喚起の徹底をお願いいたします。
会員一人ひとり危機感を持って、感染症対策にお取り組みください。
不要不急の外出は、極力避けてください。特に、長距離移動は必ず主治医にご相談ください。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日朝晩の体温測定と、自分の健康状態に注意してください。
●体温が37度以上の発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、必ず透析施設に電話連絡をし、透析施設のスタッフの指示に従ってください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●受診、買い物以外の外出は控えて下さい。3密(密閉・密集・密接)の場も避けてください。
●外出時や通院時はもちろん、在宅中もマスクを着用し感染しないようにして下さい。

透析患者で発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

*ワクチン情報(札幌市)
75歳以上の方への接種券発送は5月10日(月)、予約開始日は19日(水)、接種開始日が24日(月)だそうです。
かかりつけ病院で接種でき、札幌市内の約480の医療機関でファイザー社製のワクチンが接種出来ます。透析患者は自分の透析施設で接種出来るようです。
詳しくは、札幌市ホームページか、かかりつけ病院・各透析施設にて確認して下さい。
(札幌市ホームページより)

札幌市内・近郊の透析施設の複数ヵ所でクラスターが起きています。
インド株などの変異株ウイルス感染者増加しています。感染予防対策(手洗い、うがい、マスク着用、ソーシャルディスタンス、定期的な換気、咳エチケット、三密・会食は避ける、外出自粛、札幌市外との往来自粛)をお願いします。

感染症対策ルールを守り『命を守る』行動を引き続き取り組んで下さい。

*透析患者の感染者数(北海道)
●感染者 : 55名(前週比 : ±0名)
●死亡者 : 14名(前週比 : ±0名)

*透析患者の感染者数(全国)
●感染者 : 1.595名(前週比 : +53名)
●死亡者 : 228名(前週比 : +5名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年5月7日(金))
2021/04/30
新型コロナウイルに関する注意事項 4月30日
【警戒ステージ4相当】
ゴールデンウィーク特別対策 : 4月24日(土)〜5月11日(火)

感染者が多い地域との不要不急の往来を控えて、生活・健康の維持に必要な場合を除いて、極力外出を控えて下さい。

札幌市内・近郊の透析施設の複数ヵ所でクラスターが起きています。
インド株などの変異株ウイルス感染者者増加しています。感染予防対策(手洗い、うがい、マスク着用、ソーシャルディスタンス、定期的な換気、咳エチケット、三密・会食は避ける、外出自粛、札幌市外との往来自粛)をお願いします。

4月24日から5月11日を『ゴールデンウィーク特別対策』期間とし、札幌市内での通院や食料品の買い出し、屋外での散歩、生活に必要な場合を除いて、不要不急の外出、札幌市外との往来を控えるようにお願いします。

*基本行動
手洗い、咳エチケット、マスク着用、人との距離を取る。
●生活に必要な場合を除き、不要不急の外出、札幌市以外との不要不急の往来を控えて下さい。
●『緊急事態宣言』『まん延防止等重点措置』の対象地域との不要不急の往来を控えて下さい。
●『黙食』の実践をお願いします。
(4人までの少人数、短時間、深酒せず、大声出さず、会話ではマスク)

*全腎協より
宮城県、大阪府、兵庫県で感染者が増加し4月5日より新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止重点措置」が実施され、4月12日からは東京都、京都府、沖縄県も「まん延防止重点措置」が実施されました。
感染者が増加している地域では、透析患者の受け入れベッドについても不足することが危惧されます。加盟組織におかれましては、引き続き感染症対策および会員への注意喚起にお取り組みくださいますよう願いいたします。
また、ワクチン接種について4月5日新型コロナウイルス感染対策合同委員会(日本透析医会、日本透析医学会、日本腎臓学会)よりワクチン接種に関するQ&Aが出されましたので添付させていただきます。

1. 医療機関、透析クリニック、高齢者入居施設などでは、施設の感染症対策ルール(手洗い・消毒、マスクの着用等)を必ず守ってください。また、施設長、施設従事者等の指示に従い、感染症対策に取り組んでください。 
2. 手洗い・消毒等を徹底してください。
a. 食事の前後、間食時等
b. 通院時の行きと帰り、外出後
c.マスクの交換時、鼻をかんだ後やくしゃみをした時
d .正しい手洗い・消毒(全腎協資料、行政からのパンフレット等を参照)
3. 外出時や通院時は、必ずマスクを着用してください。また、鼻も覆うなど正しい着用方法にも気を付けてください。 
4. 飲食店、カラオケ店、人が密集するイベント等は自粛ください。
 
― 全腎協からのお願いです ―
病院患者会および会員に注意喚起の徹底をお願いいたします。
会員一人ひとり危機感を持って、感染症対策にお取り組みください。
不要不急の外出は、極力避けてください。特に、長距離移動は必ず主治医にご相談ください。

*透析患者さんへの行動対策
●毎日朝晩の体温測定と、自分の健康状態に注意してください。
●体温が37度以上の発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、必ず透析施設に電話連絡をし、透析施設のスタッフの指示に従ってください。
●丁寧な手洗いとアルコール等による消毒、うがいをお願いします。
●受診、買い物以外の外出は控えて下さい。3密(密閉・密集・密接)の場も避けてください。
●外出時や通院時はもちろん、在宅中もマスクを着用し感染しないようにして下さい。

透析患者で発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

道内では、3月17日札幌市内で感染者の中で変異株ウイルス【イギリス型】感染者が13名発見され、更に5名の変異株容疑が発見され検体を国立衛生研究所に送り調査しています。感染力強いと言われており、感染予防にこれまで以上の警戒と手洗い、うがい、3蜜を避ける、マスク着用、対話や会食時の距離、換気などの基本的事項をしっかり守って行きましょう。

感染症対策ルールを守り『命を守る』行動を引き続き取り組んで下さい。

*透析患者の感染者数(北海道)
●感染者 : 55名(前週比 : +3名)
●死亡者 : 14名(前週比 : +2名)

*透析患者の感染者数(全国)
●感染者 : 1.542名(前週比 : +45名)
●死亡者 : 223名(前週比 : +4名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年4月30日(金))

- Topics Board -