2021/12/10
年末年始の感染拡大の防止に向けて 12月10日
〈基本的な感染防止行動の実践〉
3密回避、マスク着用、手指消毒、屋内での換気

〈忘年会・新年会の際は感染防止を徹底するお店を利用〉
短時間、深酒せず、大声出さず、会話ではマスク着用
*特に大人数や普段会わない方との飲食の際はより一層注意する。

*透析患者の感染者数
◎全国
○感染者数 : 2.673名
○死亡者 : 422名

◎北海道
○感染者数 : 183名
○死亡者 : 79名

感染防止対策を万全にして、油断をせずに、年末年始をお過ごし下さい。
2021/10/29
新型コロナウイルスに関する注意事項 10月29日
秋の再拡大防止特別対策】
10月1日から10月31日

【重点地域】
 札幌市

*特別措置
●不要不急の外出を控える。
●飲食店は午後8時までの時短。

私たち透析患者は、腎機能が悪くなり腎臓が働かなくなって、器械を使って血液をキレイにします。週3回4時間の通院を必要とし、多くの透析患者さんが同じ空間で長時間の透析治療を行います。更衣室・病院の送迎車などでは3密を避けられなく、【人工透析】は感染する機会が非常に多い治療法です。もし、透析室で新型コロナウイルスの感染者が出た場合は、すぐに感染が広がり、透析の継続も困難になります。このような状態になると透析治療が出来なくなってしまいます。

●抗体カクテル療法
厚生労働省は、来月4日の専門部会で審議され、『予防』適用承認へ、新型コロナウイルスの治療薬として認められれば日本では初となります。
(産経新聞より一部抜粋)

*抗体カクテル療法とは…。
軽症の患者さんに対して、重症化を防ぐ事を目的とした治療方法です。

●ブースター接種*
岸田文雄首相は、10月12日に新型コロナワクチンの3回目の接種を『全額公費で負担する』と表明、医療従事者から行われる予定です。
(日本経済新聞より一部抜粋)

*ブースター接種とは…。
新型コロナワクチンを、2回目の接種から、8カ月以上の人に接種すること。

透析患者で発熱(37.0度)や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

【入院病床使用率】
11月28日現在 : 3.2%
(確保病床数562床のうち18人が入院)

【陽性率】
11月29札幌市 : 0.1%(新規検査人数927人/今日の感染者数 : 1人)

【ワクチン接種率】
1回目 : 74.3%、1.458.093人
2回目 : 66.5%、1.304.511人

【重症者病床使用率】
10月20日 : 36.7%(重症者病床数 : 10床/重症者 : 1人)

【感染経路不明割合】
10月28日現在 : 31.7%(リンクなし感染者数 : 13人)

【人口10万人当たりの新規感染者数】
10月21〜10月27日
1.36人(現在患者数 : 72人)

【実行産生産数】
10月14日時点 : 0.64
(ある時期において1人の感染者が、全感染期間に新たに感染させる人数の平均値です。

◎透析患者(10月28日現在・日本透析医会ホームページより)
【感染者数(北海道)】
●感染者 : 183名(前週比 : ±0名)
●死亡者 : 79名(前週比 : ±0名)

【感染者数(全国)】
●感染者 : 2.647名(前週比 : +29名)
●死亡者 : 412名(前週比 : +2名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[注 : このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

*お詫び : ホームページ更新者(H)自身が風邪からくる体調不良で更新出来ませんでした。お詫び申し上げます。

(令和3年10月29日(金))
2021/10/01
新型コロナウイルスに関する注意事項 10月1日
【秋の再拡大防止特別対策】
10月1日から10月31日

*日常生活について
●感染性が高いとされる『ミュー株』に置き換わりが進む事が想定し、『三つの密』『感染リスクが高まる』『5つの場面』等の回避や、『人と人との距離の確保』『マスクの着用』『手洗いなどの手指消毒』をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する。

*札幌市
●不要不急の外出を控える。
●飲食店は午後8時までの時短。

私たち透析患者は、腎機能が悪くなり腎臓が働かなくなって、器械を使って血液をキレイにします。週3回4時間の通院を必要とし、多くの透析患者さんが同じ空間で長時間の透析治療を行います。更衣室・病院の送迎車などでは3密を避けられなく、【人工透析】は感染する機会が非常に多い治療法です。もし、透析室で新型コロナウイルスの感染者が出た場合は、すぐに感染が広がり、透析の継続も困難になります。このような状態になると透析治療が出来なくなってしまいます。

人口10万人当たりの1週間の新規感染者数は北海道は「5.7人」、札幌市は「9.3人」で、北海道は【緊急事態宣言】の目安「25人」を22日連続で下回り、札幌市は18日連続、【まん延防止等重点措置】の目安「15人」も8日連続で下回りました。

今年1月、コロンビアで発見された新型コロナウイルス変異株=ミュー株は、ワクチンの効果が7分の1に低下するという結果が出ています。 

ブースター接種※が今年末頃に医療従事者から行われる予定です。

※ブースター接種
新型コロナワクチンを、2回目の接種から、8カ月以上の人に接種すること。

透析患者で発熱(37.0度)や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

8月29日現在
【ワクチン接種率】
1回目 : 66.2%、1.299.312人
2回目 : 51.9%、 1.018.331人

【コロナ病床使用率】
9.7%(確保病床数605床のうち173床使用)

【PCR陽性率】
札幌市 : 2.4%(新規検査人数 : 8.273人)

【重症者病床使用率】
7.7%(重症者 : 4人)

【感染経路不明割合】
34.7%(リンクなし感染者数 : 68人)

【人口10万人当たりの新規感染者数】
10.1人(現在患者数 : 270人)

【実行産生産数】
9月16日時点 : 0.71
(ある時期において1人の感染者が、全感染期間に新たに感染させる人数の平均値です。

◎透析患者
【感染者数(北海道)】
●感染者 : 182名(前週比 : ±0名)
●死亡者 : 79名(前週比 : ±0名)

【感染者数(全国)】
●感染者 : 2.603名(前週比 : +36名)
●死亡者 : 400名(前週比 : +3名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[注 : このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年10月1日(金))
2021/09/24
新型コロナウイルスに関する注意事項 9月24日
【緊急事態宣言】
8月27日から9月30日

【特定措置区域】
札幌市、小樽市、江別市、恵庭市、北広島市、千歳市、石狩市、当別町、新篠津村、旭川市、

*実施内容
国による緊急事態措置区域の追加を踏まえ、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向け、人と人の接触機会を徹底的に低減するため、【新型インフルエンザ特別措置法第45条第1項・第2項】【新型インフルエンザ特別措置法第24条第9項】により、道民などにより要請を行うとともに、必要な協力について働きかけを実施する。

*日常生活について
●感染性が高いとされるデルタ株に置き換わりが進む事が想定し、『三つの密(密閉・密集・密接)』、『感染リスクが高まる『5つの場面』等の回避や、『人と人との距離の確保』『マスクの着用』『手洗いなどの手指消毒』をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する。

*札幌市民及び滞在中の方へ要請内容
●日中も含めた不要不急の外出・移動を控える。特に20時以後の外出を控える。加えて、特に週末の外出を控える。
●混雑施設への外出を半減させる。
●重症化リスクの高い方と接する時は、基本的な感染防止対策を更に徹底する。
●不要不急の都道府県間の移動は控える。

*来道を検討している皆様へ
●不要不急の帰省や旅行など、北海道への移動については、極力控えるようにお願いします(移動が避けられない場合は感染防止対策を徹底、出発前に検査等を受ける)。

私たち透析患者は、腎機能が悪くなり腎臓が働かなくなって、器械を使って血液をキレイにします。週3回4時間の通院を必要とし、多くの透析患者さんが同じ空間で長時間の透析治療を行います。更衣室・病院の送迎車などでは3密を避けられなく、【人工透析】は感染する機会が非常に多い治療法です。もし、透析室で新型コロナウイルスの感染者が出た場合は、すぐに感染が広がり、透析の継続も困難になります。このような状態になると透析治療が出来なくなってしまいます。

今年1月、コロンビアで発見された新型コロナウイルス変異株=ミュー株は、ワクチンの効果が7分の1に低下するという結果が出ています。 

ブースター接種が今年末頃に高齢者から行われる予定です。

●ブースター接種
新型コロナワクチンを、2回目の接種から、8カ月以上の人に接種すること。

透析患者で発熱(37.0度)や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

【ワクチン接種率】
1回目 : 62.3%、1.222.374人
2回目 : 47.9%、 939.117人

【コロナ病床使用率】
9月21日現在 : 21.3%
(確保病床数605床のうち173床使用)

【PCR陽性率】
札幌市 : 1.6%(新規検査人数 : 1.948人)

【重症者病床使用率】
9月22日現在 : 15.4%

【感染経路不明割合】
37.3%

【人口10万人当たりの新規感染者数】
15.7人

【実行産生産数】
9月9日時点 : 0.71
(ある時期において1人の感染者が、全感染期間に新たに感染させる人数の平均値です。

◎透析患者
【感染者数(北海道)】
●感染者 : 182名(前週比 : ±0名)
●死亡者 : 79名(前週比 : ±0名)

【感染者数(全国)】
●感染者 : 2.558名(前週比 : +36名)
●死亡者 : 397名(前週比 : +1名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[注 : このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年9月24日(金))
2021/09/17
新型コロナウイルスに関する注意事項 9月17日
【緊急事態宣言】
8月27日から9月30日

【特定措置区域】
札幌市、小樽市、江別市、恵庭市、北広島市、千歳市、石狩市、当別町、新篠津村、旭川市、

*実施内容
国による緊急事態措置区域の追加を踏まえ、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向け、人と人の接触機会を徹底的に低減するため、【新型インフルエンザ特別措置法第45条第1項・第2項】【新型インフルエンザ特別措置法第24条第9項】により、道民などにより要請を行うとともに、必要な協力について働きかけを実施する。

*日常生活について
●感染性が高いとされるデルタ株に置き換わりが進む事が想定し、『三つの密(密閉・密集・密接)』、『感染リスクが高まる『5つの場面』等の回避や、『人と人との距離の確保』『マスクの着用』『手洗いなどの手指消毒』をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する。

*札幌市民及び滞在中の方へ要請内容
●日中も含めた不要不急の外出・移動を控える。特に20時以後の外出を控える。加えて、特に週末の外出を控える。
●混雑施設への外出を半減させる。
●重症化リスクの高い方と接する時は、基本的な感染防止対策を更に徹底する。
●不要不急の都道府県間の移動は控える。

*来道を検討している皆様へ
●不要不急の帰省や旅行など、北海道への移動については、極力控えるようにお願いします(移動が避けられない場合は感染防止対策を徹底、出発前に検査等を受ける)。

私たち透析患者は、腎機能が悪くなり腎臓が働かなくなって、器械を使って血液をキレイにします。週3回4時間の通院を必要とし、多くの透析患者さんが同じ空間で長時間の透析治療を行います。更衣室・病院の送迎車などでは3密を避けられなく、【人工透析】は感染する機会が非常に多い治療法です。もし、透析室で新型コロナウイルスの感染者が出た場合は、すぐに感染が広がり、透析の継続も困難になります。このような状態になると透析治療が出来なくなってしまいます。

人口10万人当たりの1週間の新規感染者数は9月17日は「21.36人」で、【緊急事態宣言】の目安になる「25人」を5日連続で下回りました。

インド型変異ウイルス=デルタ株への感染は、札幌市内がほぼデルタ株に置き換わっています。

インド型変異ウイルス = デルタ株の他にも、『ミュー株』などの変異株が出てきています。感染力が強かったり、ワクチンが効きにくいという変異株があるようです。札幌ではデルタ株に入れ替わっていると思います。

透析患者で発熱(37.0度)や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。

札幌市の使用病床数は、9月16日時点ですぐに対応できる566床中198床、約35%と30%台まで減少しました。

病院以外の宿泊施設や、自宅で療養・待機している人は、9月16日時点で428人と、前日より40人減り、1.000人を8日連続で下回りました。

【コロナ病床使用率】
9月16日現在 : 36.7%
(提供可能605床のうち222床使用)

【重症者病床使用率】
9月15日現在 : 30.8%
(52床16床使用)

【道内のワクチン接種率】
●全体   1回目 : 55.5% 2回目…44.6%
●65歳以上 1回目 : 89.8% 2回目…87.5%
(9月16日現在)

【実行産生産数】
9月2日時点 : 0.62
(ある時期において1人の感染者が、全感染期間に新たに感染させる人数の平均値です。

◎透析患者
【感染者数(北海道)】
●感染者 : 182名(前週比 : +1名)
●死亡者 : 79名(前週比 : +2名)

【感染者数(全国)】
●感染者 : 2.522名(前週比 : +25名)
●死亡者 : 396名(前週比 : +5名)

*患者一人ひとりが危機感を持って、感染症対策に取り組むことが必要です。

[注 : このコロナウイルスに関する注意事項は、毎週金曜日に更新しています]

(令和3年9月17日(金))

- Topics Board -